私は、幼いことからとても毛量が多く、しっかりとした髪質です。

おまけに、天然パーマだったので、それがとてもコンプレックスでした。

何度ブラッシングしてもなかなか思い通りのヘアセットが出来ずに朝はいつもイライラしていました。一方で、母は私の真逆です。

毛量も多くなく、髪質も柔らかくとても細いです。母からは、私の髪質はとても羨ましいと言われます。

若い頃は髪にボリュームが出るようにパーマなどをかけていたと聞きましたが、年を重ねて行くうちにパーマをかけてボリュームを出すほどの毛量もなくなり、若い頃よりもうんと毛が細くなってきたので今ではほとんど何もしていないという状態です。

私から見て、年を重ねるほど、母は自分に自信がなくなっているように思います。これはきっと髪に対しての自信がなくなってきているのと関係があると思います。

そんな母を見て、何度が育毛を勧めてみたことがあります。初めの頃はお金のかかることですし、本当に効果があるのか不安だったようで、あまり乗り気ではありませんでした。

なので、次はウィッグを勧めてみました。ウィッグなら、髪の長さも変えれたり、色も気分に合わせることが出来たりして便利だと伝えましたが、母にとっては若い方の身に付けるものという印象があったようで、これまたあまり説得出来ませんでした。

ダメもとで再び育毛を勧めてみました。次は、しっかりと育毛について調べてです。

すると、前回とは少し反応が違い、興味を示してくれました。

現在では、母から積極的に育毛について色々と調べているようです。

その影響か、父に対してもはげ治療の岐阜のクリニックへ行くように言い始めました(笑)

髪に自信が持てるようになり、自分自身にも自信を取り戻せるようになることを願っています。